忍者ブログ

[PR]

2017年09月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Musication vol.1

2010年09月20日

■Musication vol.1(大阪)
6月25日(金)
タップダンスコンテスト

関西初の Tap Danceコンテスト 結果発表!!

Musication vol.1にソロ部門12組 グループ部門4組がエントリー!
第1回の栄冠を手にしたのはソロ部門「SHUN」 とグループ部門「華~puspa~」だ。


「音楽=musicを通して想いを伝える、タップを通して心で会話をするように」“Music + communication”。そんな意味合いから生まれたMusicationは第1回からハイレベルな戦いが繰り広げられた。ショーの順番はコンテスト直前にくじ引きで決められ、勝者は3名の審査員とオーディエンスの投票で決まるという、出演者・オーディエンス共に最後まで興奮しっぱなしのコンテストだった。

ソロ部門では小学生も大人顔負けのタップを堂々披露。大人も負けじと見事な足捌きを披露しながらオーディエンスの心を奪い合う。見事フロアの心を鷲掴みにしていったのはレペゼン東京「SHUN」。足から、体から「音楽が溢れ出る」というのは彼の事を言うのではないだろうか。

グループ部門、それぞれ息の合った足運びと見事な構成でオーディエンスを魅了する中、最後にトロフィーを手にしたのは「華~puspa~」まるで双子の様な姉妹である。タップは勿論、全身を使った繊細かつ華麗な表現力で栄冠を掴んだ。

出演者に熱いエールを送る無数の声、鳴り響く拍手の音。ライバルでありながらもお互いをたたえ合い、励まし合い、固い握手を交わす舞台袖。目の前に広がる光景、そして肌に感じるフロアの空気。「感動」とはきっとこの事をいうのだろう。
「音」を「楽」しみながら、心で「会話」をする。まさに「Musication」が生まれた夜だった。

■受賞者コメント


左から:SHUN(ソロ部門優勝)、華~puspa~(チーム部門優勝)、伊藤真(ソロ部門準優勝)

★SHUN(ソロ部門優勝)
去年のかわさきタップフェスのソロコンテスト、FUN外伝TAP BATTLEに続いて今回のMusicationで優勝できて、とても嬉しいです! 国内の賞金レースはこの3つだけなので、どうしても3冠取りたかったんです。僕のスタイルは独特で国内では賛否両論なんですが「こういうTAPもあるんだ」「TAPはもっと自由なんだ」と色んな人に知ってもらいた くて、認められたくて今回参加しました! こういう勝敗を決めるイベントで僕が優勝することで少しづつ国内のTAPシーンが変わっていけば最高です!

★華~puspa~(チーム部門優勝)
ありがとうございます。今回が初めての受賞だったので、やっと手にできたトロフィーが本当に嬉しく感極まってしまいました。改めて、応援してくださった皆さん・先生方に感謝し、これからも精進します。キバってIXA!!

★伊藤真(ソロ部門準優勝)
準優勝に選んで頂いて、本当にありがとうございました。今回のイベントは関西タップ界にすごくいい風を吹かせたと思います。今回は準優勝で終わりましたが、また一から出直すつもりで来年優勝狙います!

PR